仕事を変えたい理由は何?自己都合と会社都合どちらで退職するのか

仕事を変えたい理由は何?自己都合と会社都合どちらで退職するのか

仕事を変えたい!

 

そう思って退職をする場合は、ほとんどのケースで自己都合退職になります。

 

退職には自己都合退職と会社都合退職があり、会社都合退職の方が後々有利になります。

 

それぞれの退職には、どのような違いがあるのかをご紹介します。

 

 

 

自己都合退職について

 

「労働者からの申し出によって労働契約解除を行う」ことが自己都合退職になります。

 

転職によって仕事を変えたり、結婚により寿退社をしたりするようなケースは自己都合退職になります。

 

ほとんどの方は、自己都合退職をすることが多いと思います。

 

 

 

会社都合退職について

 

「会社からの申し出によって労働契約解除を行う」ことが自己都合退職になります。

 

通常は、会社の経営悪化によるリストラや早期希望退職・退職勧奨などに応じたケースなどが会社都合退職に当てはまります。

 

その他、パワハラや残業時間超過による劣悪な勤務条件による退職など、退職をせざるをえなかった場合なども会社都合退職となったりします。

 

 

 

失業保険の条件の違いに注意

 

自己都合退職と会社都合退職では、失業保険を受給できる条件が違います。

 

会社都合退職の方が、より有利に失業保険を受給できます。

 

 

失業保険 自己都合退職 会社都合退職
最短支給開始日 離職から3ヶ月7日後 離職から7日後
給付期間 90〜150日 90〜330日
最大支給総額 約118万円 約260万円
給付制限 あり なし

 

 

 

転職をして仕事を変えるならどちらでもいい

 

仕事を辞めるのではなく、転職によって仕事を変えるのが目的であれば、自己都合でも会社都合でもどちらでも問題はないです。

 

ただし、ただ仕事を辞める場合には失業保険が関わってくるので、会社都合退職に越したことはありません。