仕事を変えたい!?在職中に次の仕事を決めてから辞めよう

仕事を変えたい!?在職中に次の仕事を決めてから辞めよう

「仕事を変えたい!」

 

そう思い立ったとしても、すぐに退職することはおすすめしません。

 

在職中に次の仕事先を探すのが一番良い方法なのは間違いありません。

 

しかし、人によっては今すぐに辞めなければ心身に影響があるという場合もあるかもしれません。

 

そういった場合には、在職中に仕事を変えるというような悠長なことを言っていられないので、思い切って辞めてしまう方がいいでしょう。

 

 

とはいえ在職中に次の仕事を決めるのは鉄則です。

 

仕事を変えたいと思った時に、先に退職をしてしまった時のリスクについて考えてみましょう。

 

 

仕事が見つかるまで収入が無いけど大丈夫?

 

「はー。気分が楽になった」

 

仕事をすぐに辞めてしまってスッキリするのはよいですが、金銭の問題まではスッキリしません。

 

次の仕事が決まるまでは収入が無くなってしまうので、ものすごく大変なことになってしまうでしょう。

 

失業保険をあてにしている場合、自己都合退職だと3ヶ月ほど先の給付となるのでご注意ください。

 

 

次の仕事先に辞めた理由を言える?

 

日本という国は昔から努力とか忍耐とかいう言葉が好きです。

 

いわゆる根性論ですね。

 

押し付けられる方は溜まったものではないですが、仕事でもこれは発揮されてしまいます。

 

「なんで仕事辞めたの?」

 

と聞かれたときに、理由を答えられますか?

 

日本では在職中に次の仕事を探すのが普通です。

 

会社が倒産したとか、家族の介護とかやむを得ない事情であれば問題ないのですが、辞めたいから辞めたとかだと良い印象は与えません。

 

 

 

在職中に次の仕事先を決めるのが無難

 

こういった理由から、在職中に次の仕事を探す方が無難です。

 

もちろん、必ずしも在職中に仕事を探さなければいけないわけではないですが、より苦しい状況におかれることが多いということです。

 

 

在職中に仕事を変えることは大変ではありますが、将来のことを考えるのであれば一時のことと考えて頑張るしかないと思います。

 

 

大変なのは今だけだと割り切って、在職中に仕事を探しだしましょう。